独自

六本木、2億円タワマンに闇カジノ 五輪浄化作戦で摘発

有料会員記事

高嶋将之、田中紳顕
[PR]

 東京・六本木タワーマンションの一室で賭博店を開いたとして、警視庁は14日深夜、賭博開帳図利などの疑いで店長ら店の関係者で40~50代の男6人を現行犯逮捕した。客の男女2人も賭博容疑で逮捕した。東京五輪パラリンピックに向けた繁華街の「浄化対策」の一環で、暴力団の関与についても調べる方針。捜査関係者への取材でわかった。

 店側で逮捕されたのは、店長で住居不詳の山口隆士容疑者(52)ら6人。逮捕容疑は14日夜、共謀して東京都港区六本木6丁目の高級分譲マンションの一室で、複数の客に現金をかけるバカラ賭博をさせたというもの。同庁は家宅捜索でバカラやポーカーの台を押収した。

 この部屋は約80平方メートルの2LDKで、不動産業者のサイトなどによると、売買価格は2億円前後。看板などはなく、同庁は摘発を逃れるためにセキュリティーの高いタワマンで開業し、口コミで集客していたとみている。

 賭博店は雑居ビルで開業するケースが大半で、マンションの一室での摘発は珍しいという。

 同庁は、ほかにも繁華街の浄化対策として、昨秋以降、新宿区歌舞伎町の路上で乱闘をしたなどとして、風俗店の「スカウト」や暴力団組員らを逮捕。今年4月には墨田区の賭博場を摘発し、豊島区池袋での客引きによる違法行為の取り締まりも強化している。

都内なら売上が月に1億円、コロナ禍で客層に変化も

 警察が暴力団の主要な資金源とみて情報収集と摘発を続ける賭博場の実態はどういったものなのか。

 首都圏でカジノ店を運営する…

この記事は有料会員記事です。残り485文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら