野党4党、菅内閣不信任案提出 午後に否決の見込み

北見英城
[PR]

 立憲民主、共産、国民民主、社民の野党4党は15日午前、菅義偉内閣への不信任決議案大島理森衆院議長に提出した。新型コロナウイルス感染症対策で「失策を重ねた」点や、河井克行・案里夫妻の選挙違反事件などの「政治とカネの問題」などを理由に挙げた。不信任決議案は15日午後の衆院本会議で、与党の反対多数によって否決される見通しだ。

 野党4党は11日、新型コロナの感染状況に臨機応変に対応するため、国会会期を3カ月間、大幅に延長するよう政府・与党側に求めた。しかし、菅首相が14日に拒んだため、野党4党は党首会談を開き、不信任決議案を出すことを決めた。

 提出後、立憲の安住淳国会対策委員長は「変異ウイルスで社会が刻々と変化している中で、国会を閉じることは反対だ。菅内閣は信任に当たらずということで不信任案を提出した」と述べた。

 自民党幹部によると、二階俊博幹事長は15日午前の党役員連絡会で、「菅首相は粛々と否決する判断をされた。与党は一致して否決する」などと説明した。

 一方、立憲、共産両党は14日、自衛隊基地の周辺などの土地の利用を規制する法案に絡み、採決を提案した森屋宏参院内閣委員長(自民)の解任決議案を提出した。与党側は15日午後の参院本会議で否決する方針だ。

 政府・与党は予定通り16日で国会を閉会させる構え。このため、自民党内には、重要法案の土地規制法案について15日中に採決に踏みきり、一気に成立させる案も検討されている。(北見英城)

写真・図版
大島理森衆院議長(左から2人目)に内閣不信任決議案を提出する立憲民主党の安住淳国対委員長ら=2021年6月15日午前9時1分、国会内、上田幸一撮影
写真・図版
内閣不信任決議案提出のため、衆院議長室に向かう立憲民主党の安住淳国対委員長(中央)ら=2021年6月15日午前8時59分、国会内、上田幸一撮影
写真・図版
首相官邸に入る菅義偉首相=2021年6月15日午前8時32分、藤原伸雄撮影