イスラエル新政権、米民主党との関係は 前政権は距離

有料会員記事

聞き手・清宮涼
[PR]

 中東イスラエルでネタニヤフ首相の退陣が決まり、極右政党「ヤミナ」のベネット党首が率いる新政権が発足した。ネタニヤフ氏は米国のトランプ前政権と良好な関係を築いたが、バイデン政権とは距離も指摘されていた。新政権は、バイデン政権とどのような関係を築くのか。イスラエルの在ニューヨーク総領事を務めたダニー・ダヤン氏に見通しと提言を聞いた。

     ◇

 米国とイスラエルにおいて安全保障や情報分野での協力はいままで以上に強く、基本的な同盟関係は揺るがないだろう。

 バイデン米大統領は民主党のなかではイスラエルの友人だ。だが民主党の主流派が、有権者への配慮からイスラエルに対して批判的になってきており、心配だ。

 ネタニヤフ政権はトランプ政…

この記事は有料会員記事です。残り330文字有料会員になると続きをお読みいただけます。