政府、ベトナムにワクチン提供 他のASEAN諸国にも

新型コロナウイルス

菅原普
[PR]

 茂木敏充外相は15日の閣議後会見で、新型コロナウイルスのワクチンを新たにベトナムに提供する、と発表した。英アストラゼネカ社製を97万回分。16日にも発送する。7月以降、東南アジア諸国連合(ASEAN)に参加するインドネシア、タイ、フィリピンマレーシアに提供を始める方針も示した。

 外務省によると、ベトナムは変異ウイルスの影響で感染が拡大し、一部の自治体でロックダウンが行われている。スピードを重視し、国際的な枠組みは通さず、直接提供する。今後、提供を行う国々にも同様の対応を取るという。

 茂木氏は「ASEANとは極めて重要な関係を有してきた。日本が提唱し、各国が進めている『自由で開かれたインド太平洋』を実現していくうえでも極めて重要な国々だ」と提供の理由を語った。

 今月上旬に提供を行った台湾も含め、追加でワクチンを送ることも検討するという。(菅原普)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]