ワクチン接種で使用済み注射器を誤って使用 東京・町田

新型コロナウイルス

[PR]

 東京都町田市は15日、市内の診療所であった新型コロナウイルスワクチンの個別接種で、医師が誤って使用済みの空の注射器を70代の男性に使ったと発表した。血液を介した感染リスクがあるため、診療所は1カ月後と3カ月後に男性に対し肝炎の検査をし、経過観察をするという。

 市によると、14日午後0時30分ごろ、医師はこの男性の前の患者にワクチンを接種し、注射器をトレーに戻した。その後、医療補助者が使用済みの注射器を捨てず、そのまま男性に使ってしまったという。医師はすぐに気づき、男性に謝罪したという。

 ワクチン接種では、医師が使用後の注射器を廃棄ボックスに捨てる運用になっており、市は医療機関に対し、医師が直接捨てることを周知徹底するとしている。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]