「大阪国際空港」って一体どこに「国際性」があんねん

有料会員記事

朝倉義統
写真・図版
ワイナリーは搭乗客でなくても入れる。コロナ禍でかなわない旅行も、ワインで気分だけ味わいたい=大阪府豊中市、槌谷綾二撮影
[PR]

「まだまだ勝手に関西遺産

 大阪の空の玄関といえば、伊丹空港。その正式名称は「大阪国際空港」という。しかし機内アナウンスは「みなさま、伊丹空港に着陸しました」。テレビでも伊丹空港と呼ばれ、朝日新聞の表記は「大阪(伊丹)空港」だ。地図を見れば、大阪の豊中でも池田でも良さそうなのに、兵庫の伊丹。大阪に転勤してから、この空港名が気になっていた。

 国土交通省や関西エアポートに聞くと、県境をまたぐ空港は他になく、国際定期便がないのに国際空港という名称が許されているのもここだけだという。国際線は1994年に関西国際空港に移管され、税関や検疫もなくなって久しい。いったいどこが国際空港なのか。

 伊丹空港という呼び名は、終…

この記事は有料会員記事です。残り1103文字有料会員になると続きをお読みいただけます。