パパは走っているの? 腕時計が「ピッ」 一緒にいるよ

有料会員記事

河合真美江
[PR]

 走るのが好きで好きでたまらない。夫は市民ランナーだった。

 フルマラソンの自己ベストは、「別府大分毎日マラソン大会」の2時間36分48秒。山野のトレイルランニングも走った。職場の神奈川県庁から自宅まで、途中の公園を何周かして10キロ余りの「帰宅ラン」もざらだった。

 変調の兆しは2016年8月、リオデジャネイロ五輪のさなか。横浜市の作原薫さん(53)の夫、圭介さんは背中やおなかが痛いとこぼした。それでも、ランニング日記を見ると、9月3、4日の週末に15キロずつ近所を走っている。

 9月15日の朝、ひどい腹痛で病院へ。検査入院した。膵臓(すいぞう)がんで、転移もあった。「治療は難しい。残り時間は月単位」と告げられた。

ブルーの線のシューズで走り去った

 病院ロビーの丸テーブル席に、手を握り合って座った。夫は、大学2年だった一人息子のことをまず口にした。「僕に何かあっても、大学の心配はさせないで。なんとかなるから。ごめんな」。いつもと変わらぬ声で、保険や退職金の話をした。「そんなに早く死なないでよ」。薫さんは冗談めかして言った。

 自宅での緩和ケアを勧められ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。