囲碁の仲邑菫、女流棋戦4強で散る 思った以上に勝てた

大出公二
[PR]

 囲碁史上最年少のタイトル獲得をめざしていた中学1年生、仲邑菫二段(12)は、15日の「第8期女流立葵杯」準決勝で牛栄子(にゅうえいこ)三段(22)に白番6目半負けを喫し、挑戦者決定戦進出はならなかった。

 仲邑は序盤から積極的に仕掛けたが、牛に冷静に対応され、打ちすぎには的確な逆襲を受けて劣勢に。最後まで粘り強く打ち続けたが、追いつけなかった。

 もう一つの準決勝は上野愛咲美女流棋聖(19)が制し、藤沢里菜女流立葵杯(22)への挑戦権をかけた上野と牛の決勝戦は16日に打たれる。仲邑は自身初の公式戦4強進出を遂げた本期戦を振り返って「思った以上に勝てた。自分の中では満足です」と、マイクが拾えないような小声で話していた。(大出公二)