「車内に置くだけ除菌」に根拠なし 消費者庁が措置命令

杉浦幹治
[PR]

 車内に置いたり、噴霧したりするとウイルスを除去できるかのように誤解させる表示をしたとして、消費者庁は15日、景品表示法違反(優良誤認)で食品販売業「サプリメント・ワールド」(東京都世田谷区)に対し、再発防止策などを求める措置命令を出した。

 同庁によると、同社は2011年12月から20年11月までの間、据え置き型の「エクステアライズゲル」「エクステアライズプラス」、噴霧型の「エクステアライズスプレー」について、商品のパッケージや冊子に「新型ウイルス対応」「アルコールの10万倍の除菌力」などと表示していた。同庁は提出された資料からは裏付けとなる根拠がないと判断した。商品は、全国の大手自動車販売店などで売られていたという。

 同庁は、「専門家の見解では、単に置くだけでは空間除菌は難しいことで一致している。瞬間除菌も同様で、消費者はこうしたことをうたう商品には注意してほしい」としている。杉浦幹治