韓国軍が竹島の防衛訓練 現地メディア報道、日本は抗議

鈴木拓也=ソウル、安倍龍太郎
[PR]

 韓国軍が15日、日韓が領有権を争う島根県竹島(韓国名・独島)の防衛を想定した訓練を非公開で始めたと、複数の韓国メディアが報じた。同様の訓練は通常、年2回行われており、今年は初めて。韓国国防省は、訓練を実施したかどうかについて言及を控えている。

 ニュース専門チャンネルYTNは、軍当局者の話として、訓練は竹島周辺の海域で、海軍と海洋警察の艦艇や航空機が参加。空軍戦力も投入されたという。新型コロナウイルスの感染を防ぐため、訓練は海上を中心に行い、竹島での訓練は見送るとしている。

 日本外務省は15日、船越健裕アジア大洋州局長が在日韓国大使館の金容吉(キムヨンギル)次席公使に電話で「訓練は到底受け入れられない」と抗議し、中止を求めた。

 英国で開かれた主要7カ国首脳会議(G7サミット)には、日韓首脳が参加したが、あいさつだけに終わった。韓国メディアは14日に韓国外交省の当局者の話として、日本側がこの訓練を理由に短時間の会談を直前にキャンセルしたと報道。日本政府は事実に反すると否定し、韓国側に抗議していた。(鈴木拓也=ソウル、安倍龍太郎)