中国原発「放射能漏れ」疑惑 識者2人はどうみる?

有料会員記事

聞き手・高田正幸、川村剛志
[PR]

 中国広東省の台山原子力発電所で希ガスが大気放出された問題をどうみているのか。専門家2人に聞いた。

「異常な漏洩の形跡ないが、適切な情報公開求む」 真田晃・日中経済協会北京事務所電力室長

 台山原発から放出された「希ガス」はクリプトンキセノンなどのことで、ウランの核分裂に伴って発生する元素だ。報じられているように、原子炉圧力容器の希ガス濃度が上昇したのであれば、核燃料を覆う金属パイプが破損して圧力容器にガスが漏れ出した可能性が高い。

 ただ、金属パイプの小規模な…

この記事は有料会員記事です。残り1049文字有料会員になると続きをお読みいただけます。