14年目の新境地 2番に入り「削られている時間」とは

有料会員記事

井上翔太
[PR]

 5月25日の練習前、横浜DeNAベイスターズの捕手・伊藤光は、球場内の通路で遭遇した三浦大輔監督から言われた。

 「今日、2番だから。頼むぞ」

 突然のことに、「差し込まれました」。当時は「2番打者として野球をする自分が想像できない」気持ちと、「言われたからには結果を出してやろう」という気持ちが半々だった。

 過去に2番を務めたのは、オ…

この記事は有料会員記事です。残り766文字有料会員になると続きをお読みいただけます。