Mリーグの新規チーム参入は?藤田晋氏「まだ早いかな」

有料会員記事

高津祐典
[PR]

 麻雀(マージャン)のトッププロ選手がチーム対抗で競う「Mリーグ」は、EX風林火山が初優勝を飾って3年目のシーズンを終えた。今後、リーグのチーム数は増えるのか。ルール変更などは考えているのか。藤田晋チェアマンに話を聞いた。

写真・図版
Mリーグの藤田晋チェアマン=Mリーグ提供

 ――Mリーグは試合の日に、よくSNSのトレンドワードになっていました。なぜこれほどSNSが盛り上がるのでしょうか。

 麻雀プロは、昔から使い方がうまいんですよね。ニコニコ動画の時代から自分たちで配信してファンを獲得していました。ネットを駆使してつながる土壌があったんでしょうね。

 Mリーグの実況をしている小林未沙さん、松嶋桃さん、日吉辰哉さんは手作りで放送しているうちに、実質的にプロの実況になってしまいました。ああいう手作り感で自分たちのコミュニティーを盛り上げているうちに、SNSの使い方が上手になっていったんだと思います。

「下部リーグの創設は?」「将棋のABEMAトーナメントとMリーグの共通点は」「解説や実況に求めるものは」--。記事後半で藤田チェアマンが思いを語っていきます。

 ――将棋も似たような状況だったのかなと思いましたが、選手の努力が大きかった、と。

 ニコニコ動画に始まって、配…

この記事は有料会員記事です。残り4058文字有料会員になると続きをお読みいただけます。