京都府の大規模接種、2会場で開始 初日は1258人に

新型コロナウイルス

高井里佳子、甲斐俊作、向井光真
[PR]

 京都府による新型コロナウイルスワクチンの大規模接種が15日、二つの会場で始まり、1258人が接種を受けた。まずは65歳以上の高齢者が対象。予約は約2割しか埋まっていないため、18日からは64歳以下の一部にも対象が広がる予定だ。

 亀岡市の府立京都スタジアムでは、午前と午後に六つずつの予約時間枠があり、計410人が受けた。当日のキャンセルはなし。1日あたり800人が接種可能だが、当初の4日間は混乱が起きないよう定員を絞っている。

 市内に住む岡本民雄さん(65)は「病院で予約できたのが7月だという知り合いもいて、早く受けたいと思っていた。感染リスクが減るので安心感がある」。次女にネットで予約してもらったという。

 市内の会社員、斉藤清さん(65)は対話アプリ「LINE」で自ら予約。「市の集団接種より府の大規模接種の方が予約開始日が1日早い。少しでも早い方を選んだ。気持ちが楽になった」と話した。

 会場では医師4人と薬剤師4人、看護師16人を含む約100人のスタッフが対応に当たり、四つのレーンに分けてワクチンを打っていった。午前中の取材時は混乱はなく、高齢者らは2回目の予約も済ませて帰っていった。

 もう一つの会場は精華町の「けいはんなプラザ」。1日あたり1600人が接種でき、初日は定員を抑えて848人が受けた。18人が会場に来なかったほか、接種中に針が外れてワクチンを廃棄した事例が2件あったが、おおむねスムーズに進んでいた。

 京都市から来た男性(70)は「舞台照明の仕事をしていて、土日の接種ができない。平日の接種ができて良かった」。木津川市山城町の主婦(79)は「地元で予約すると8月になるから」と話した。

 大規模接種は、高齢者の接種を7月末までに終わらせるため、少しでも早く、より多くの人にワクチンを打ってもらうのが狙いだ。ワクチンは市町村で使っているファイザー製ではなく、モデルナ製を使い、無料の送迎バスも用意。接種予約が取りにくくなっている自治体もあるため、需要があると府は見ている。

 ただ、現時点での予約は低調だ。府によると、7月3日までの予約枠は4万1600人分あるが、6月14日午後5時半時点で予約したのは7850人にとどまる。とくに21日以降は、両会場とも余裕を持って予約できるほど空きがある。

 府の担当者は「市町村での集団接種に府が医師らを派遣したので、市町村での予約枠が広がった。市町村側に予約が流れたのでは」と取材に話した。

 空きを埋めるため、府は14日、接種対象を広げると発表した。年齢にかかわらず、警察職員のほか、府立や私立の学校、保育園などで勤める教職員らが、けいはんなプラザで18日から打つことになっている。

     ◇

 新型コロナウイルスのワクチン接種について、京都府城陽市訪問介護事業者ら15団体でつくる同市介護事業所連絡協議会(石田実会長)が7月にも、職域接種を始めることになった。約800人の介護従事者らが対象になるという。

 協議会は「デイサービスや訪問介護など居宅系の介護従事者は、接種を受けることができないまま、利用者と密着する業務に携わっている」として、早期の接種を市に要望していた。

 市は厚生労働省などと協議。協議会から国に申請し、今月中にワクチンや器材が届くことになった。協議会は医療従事者の協力を受けて要員や会場を独自に準備しており、7月初めに協議会会員の施設で接種をする見通しだ。

 協議会では、在宅の高齢者でまだ接種を受けていない人や、保育園職員らにも接種範囲を広げられないかを検討している。

     ◇

 京都市は10日、新型コロナウイルスワクチンの大規模接種会場を「みやこめっせ」(左京区)に28日から設けると発表した。平日に1日あたり約1千人の接種を予定している。市内の接種会場としては最大規模。当面は保育士や教職員、介護従事者など、子どもや高齢者に接することの多い職種に受けてもらう。

 また、7月中旬には、国立京都国際会館左京区)と京都看護大(中京区)を集団接種会場(いずれも土日開設)として追加する。これで市内の集団接種会場は計19カ所となる。市は10~11月に希望する全市民への接種を終えたいと説明している。

     ◇

 西脇隆俊・京都府知事は14日、今月12日に新型コロナウイルスワクチンの1回目の接種を終えたことを報道陣に明らかにした。京都市の集団接種を予約し、市内の病院で受けたという。現在65歳。「(高齢者に)7月末までに打つという目標のため、このタイミングで申し込んだ」と述べた。(高井里佳子、甲斐俊作、向井光真)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]