独自

「ほしい物リスト」見て万引き容疑 元留学生ら3人逮捕

有料会員記事

遠藤美波
[PR]

 ドラッグストアで化粧品や医薬品の万引きを繰り返したとして、兵庫県警ベトナム人の男女3人を窃盗などの疑いで逮捕していたことが、捜査関係者への取材でわかった。県警が確認した被害品は計約1400点(約530万円相当)にのぼるという。

 捜査関係者によると、逮捕されたのは神戸市の元留学生の女(23)と住居不定の元技能実習生の男(29)ら、ベトナム国籍の3人。

 3人は別の外国人がフェイスブックベトナム語で載せた「ほしい物リスト」を参考に、美容液や美白クリーム、鎮痛剤、血圧を下げる薬などを万引きし、この人物へ送っていたと供述。「定価の3分の1程度で買い取ってもらえた」という。

 県警はこの人物をブローカーとみており、被害品はベトナムへ転売された可能性がある。

 県警は防犯カメラの映像などから、3人が兵庫や岡山、和歌山など11府県で昨年10月~今年1月、ドラッグストアでの窃盗39件に関与したことを確認。このうち、兵庫県加東市のドラッグストアで73点(15万5千円相当)を盗んだなどとされる三つの事件で起訴されている。

求人・盗品情報 グループでやりとり

 警察庁によると、2019年…

この記事は有料会員記事です。残り643文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら