無免許やノーヘルで電動キックボード…それは違法です

有料会員記事

新谷千布美、浪間新太、古田寛也
[PR]

 電動キックボードでのひき逃げや無免許、飲酒運転での摘発が大阪で続く。法律上、電動キックボードは原付きバイクとされ、免許やナンバープレートがなければ公道で乗れないが、街中ではルール無視の走行がめだつ。販売側の認識の甘さも一因のようだ。

「自転車みたいに気軽に使っている」 

 6月のある日、大阪・心斎橋の交差点では、電動キックボードが何度も行き来した。

 歩道の人波をすり抜けるように走る人。前に女性を乗せ、後ろに立つ男性がハンドルを操作する2人乗りが横断歩道を走る姿も。

写真・図版
2人乗りで横断歩道を走行していた電動キックボードの利用者=2021年6月8日午後4時46分、大阪市中央区、新谷千布美撮影

 信号待ちで止まった20代男性は「自転車のような感覚で気軽に使っている」と話し、「急いでいる」と走り去った。ナンバープレートはつけておらず、ヘルメットもしていなかった。

まちでよく見かけるようになった電動キックボードですが、法律で「やってはいけないこと」がたくさんあります。利用者の意識だけでなく、一部の販売事業者の姿勢にも問題がありそうです。

 実はこれらの乗り方はすべて違法だ。

 出回っている電動キックボー…

この記事は有料会員記事です。残り1870文字有料会員になると続きをお読みいただけます。