DH議論に影響?交流戦セ・リーグ12年ぶり勝ち越し

有料会員記事

吉村良二
[PR]

 プロ野球のセ・パ交流戦が16日に終了した。今季はセ・リーグが12年ぶり2度目の勝ち越し。日本シリーズとともにパ・リーグ球団がセ側を圧倒する中、セが意地をみせた。

 この結果で今後気になるのは、セ・リーグのDH(指名打者)制度導入を巡る議論の行方だ。

 昨年12月、巨人はコロナ禍による選手の負担軽減のため暫定的なDH制導入をリーグ理事会に提案し、山口寿一オーナー名の文書とともに公表した。直前の日本シリーズでは、巨人はソフトバンクに4連敗を喫し、日本一は8年連続でパ球団となった。リーグ内の議論が表面化したことで、ファンの間でもセでもDH制を導入すべきかどうか、賛否が割れる論争になった。

 セ6球団は以前からリーグ理…

この記事は有料会員記事です。残り894文字有料会員になると続きをお読みいただけます。