引退の白井健三 内村に「感謝の二文字では語れない」

金島淑華
[PR]

 2016年リオデジャネイロオリンピック(五輪)の体操男子で金を含む二つのメダルを獲得した白井健三(24)=日体大教=が16日、横浜市内で記者会見し、現役引退を発表した。

 スーツ姿で会見場に現れた白井は緊張した面持ちでマイクに向かい、「現役を引退させていただきますことを、ここに発表いたします」と話した。その後は終始、晴れやかな表情で、約1時間の会見に応じた。

 白井は10代のころから、引退後は指導者の道へ進みたいと考えていた。「リオ五輪の時には、『東京までかな』と頭の片隅にはあった」。昨春の緊急事態宣言による自粛期間が明けた頃には「東京五輪のシーズンを、どんな形でもやり抜いたと思えるところで引退しようというふうには決めていました」と語った。

 19年以降は代表落選やけがに泣いたが、「けがをしたからとか、成績を残せないから引退したいという感情はまったくなかった」ときっぱり。現役最後の大会となった今月の全日本種目別選手権の翌日から、日体大体操競技部の男子のコーチとしてのスタートを切った。「自分のやりたいことに向かって、もう歩み始めているところなので、選手としての未練は一つもない。すごく恵まれた体操人生だった」。そう話す表情はすがすがしかった。

 白井が17歳で初めて日本代表入りした13年の世界選手権からともに世界で戦ってきた内村航平とは、普段から連絡を取り合う間柄。引退の意思は、家族や指導者らごく一部の人にしか事前に伝えていなかったという中、内村には4月の全日本個人総合選手権の後、LINEで伝えたという。驚いた様子はまったくなかったといい、「(残りの大会で)久々に健三らしい体操が見たいわ」と返事がきたという。「言うまでもなく、航平さんがいなかったら僕はいない。感謝という二文字では語りきれない存在です」と話した。(金島淑華)