娘の電話「私、結婚しないかも」 母が語った本当の幸せ

有料会員記事

若松真平
[PR]

 「若さを武器にする」というのは、失敗しても許されるという意味じゃない。

 惜しみなく教えてもらえること、意思を尊重してもらえること、期待値が勝手に仕事してくれること。

 そうした武器を与えられた状態を、ちゃんと生かすことなんだ。

 化粧品メーカーに勤める、あるちゅさん(25)はそう思って5年間働いてきた。

 後輩も増える中、「長く勤めて偉くなっていく」という将来が、おぼろげながら見えてきた。

 今の仕事は好きだけど、何か物足りない。そんな未来は自分にしっくりこない。

 そう思ったから、総合系コンサルティングファームへの転職を決めた。

母からの電話

 6月6日の夕方、母から電話がかかってきた。

 現役の建築士で、もともとインテリアの仕事が得意だった。

 父の実家がある場所に引っ越したことで、キャリアの幅を少し狭める選択をした経緯がある。

 あるちゅさんは母に、転職を機に関西を出て、上京することを伝えていた。

 母は、東京に住んでいる親戚にもそのことを伝えてくれたそうだ。

 家族というコミュニティーがあるから、遠い土地に行っても困った時に遠慮なく頼れる。

 家族や家庭っていいなと思いながら、自分は何かそういうものを残せるのだろうか、とも考えた。

 「いとこのお姉ちゃん、3人目生まれたから、なんかあったら手伝ってあげて」

 母からそう言われて、こう返した。

 「私、今世では結婚しないかもしれないから、親戚の赤ちゃんで母性満たしとくわ」

 すると、ドキッとするような、しびれるような言葉が返ってきた。

 「結婚して、子ども産んで…

この記事は有料会員記事です。残り1530文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら