千葉・市原ぞうの国で急死の2頭、細菌による腸炎死因か

有料会員記事

高室杏子
[PR]

 市原市の動物園「市原ぞうの国」で、5月16日に死んだアジアゾウのプーリー(30歳)とミニスター(35歳)=いずれもメス=の2頭について、園は16日、死因は細菌による腸炎の可能性が高いと発表した。

 2頭は5月14日から下痢や食欲低下などの症状があった。同園では、ミニスターを死後に解剖し、約1カ月間、タイのゾウ専門医療施設や国内外の大学と連携して死因を調べていた。

死後に解剖、死因を調査

 病理検査では、腸内で毒素を作る細菌が異常に増えており、腸壁から出血する腸炎を起こしていた可能性が高いとわかった。

 体調不良だったほか4頭のうち2頭は回復。ほかの1頭は自力で飲食ができるようになり、もう1頭は数日に一度点滴を受ける状況という。

 園内では、2頭のお墓にそれ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。