64歳以下接種、来月19日から 根室市苦言に国連絡 

有料会員記事新型コロナウイルス

大野正美
[PR]

 北海道根室市は64歳以下の市民への新型コロナウイルスワクチンの集団接種について、国からのワクチン供給のめどが立ったため、7月19日から接種を始める。16日の市議会定例会で石垣雅敏市長が報告した。

 市は当初、64歳以下への接種を7月12日に始める予定だったが、ワクチン供給のめどがたたないため19日にずらした。その後もめどがたたず、石垣市長は14日の市対策本部会議で「準備が整ってもこうした状態にある自治体は多い。国は早急に配布をするべきだ」と国の対応を批判。直後の15日夕、ワクチンの調整を担う河野太郎行政改革相の大臣官房から市に、「ワクチンを供給するので、一日も早く進めるように」との連絡があったという。

 根室市では、65歳以上の高…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]