新種恐竜、進化に迫る発見 ヤマトサウルスが持つ新情報

有料会員記事

矢田文
[PR]

 草食恐竜の新種「ヤマトサウルス」が日本で見つかった。どうやら単なる新種発見というだけではないらしい。長い時代にわたり繁栄を遂げた恐竜「ハドロサウルス科」の進化の謎を解くカギが、日本を含めたアジアにあるという大きな発見だった。

 兵庫県淡路島で2004年、恐竜の下あごや首の化石が見つかった。北海道大学などのチームが解析し、ハドロサウルス科の新種だとわかった。平らなくちばしが特徴で「カモノハシ竜」ともいわれる仲間だ。成体の全長は7~8メートル、体重4~5トンと推定される。この春、ヤマトサウルスと名がついた。

 「ハドロサウルス科を解明する重要な発見だ」。北大の小林快次(よしつぐ)教授は意気を上げて言う。その意味は、ヤマトサウルスが、恐竜の進化の道筋のどこにいたかを考えることで見えてくる。

 注目されるのは、骨や歯の特…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。