沖縄県、緊急事態宣言の延長を要請 7月4日まで

新型コロナウイルス

[PR]

 沖縄県は16日、新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開き、20日までを期限とする緊急事態宣言について、政府に2週間延長を要請することを決めた。その後、記者会見した玉城デニー知事は「医療体制は決して安心を取り戻したとは言えません。本日、7月4日までの延長を政府に要請しました」と述べた。

 20日までとしていた県立高校の休校措置は解除する意向。

 沖縄県では、直近1週間の人口10万人あたりの新規感染者が全国最多で、病床占有率も高い水準が続いている。14日の県の専門家会議は、宣言の2週間延長を要請すべきだとの意見で一致していた。沖縄県は5月23日から緊急事態宣言の対象になっている。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]