ミャンマー選手、関空で日本政府に保護要請 帰国を拒否

有料会員記事

宮崎亮、笠原真 バンコク=福山亜希
[PR]

 サッカーワールドカップ(W杯)アジア2次予選に参加するため、日本に滞在していたミャンマー代表のピエリアンアウン選手(27)が16日、クーデターで権力を握った国軍が支配するミャンマーに帰国することを拒否し、日本政府に保護を求めた。近く難民認定を申請する見通し。同選手は日本対ミャンマーの試合で、国軍への抵抗の意思を示す「3本指」を掲げていた。

 関西空港で保護を求めた後、17日午前0時10分過ぎ、支援者や弁護士と合流したピエリアンアウン選手は、朝日新聞などの取材に応じ、「(ミャンマーに)帰ったら自分の命と安全に危険があるので、日本に残ることを決めた」と語った。さらに、「日本国民と政府はミャンマーの現状をご存じだと思う。これからもミャンマーを理解して助けてほしい」と訴えた。

 ミャンマーをめぐっては出入国在留管理庁が5月28日、国内のミャンマー人がクーデターによる情勢不安を理由に日本にとどまることを希望する場合、在留や就労を認める緊急避難措置を始めた。

 入管庁によると、雇用契約が終わったり、学校を卒業したりして在留資格の期限を迎える人などを対象に、6カ月か1年間の在留と就労を許可する。6月11日現在の許可件数は約20件(速報値)という。ピエリアンアウン選手もこの措置の対象になるとみられる。

 控えゴールキーパーの同選手は5月28日に千葉市であった対日本戦で、国歌斉唱の際に3本指を示した。

 日本戦を終えた今月上旬にも、朝日新聞の取材に答え、「不安定なミャンマーの現状を世界に知ってもらいたかった」と3本指を掲げた思いを吐露。国軍が市民への弾圧を続けるミャンマーへの支援を国際社会に訴えるため、指に《WE NEED JUSTICE(私たちには正義が必要だ)》と書いたと説明していた。宮崎亮、笠原真)

国軍へ抗議、相次いでいた代表招集の拒否

 今回のサッカーワールドカッ…

この記事は有料会員記事です。残り736文字有料会員になると続きをお読みいただけます。