夏の味方はドライカレー 少ない材料と短い煮込み時間で

会員記事

編集委員・長沢美津子
写真・図版
ドライカレー=合田昌弘撮影

記事の後半で、作り方のポイントを動画でご覧いただけます

[PR]

ごはんラボ ドライカレー

 ひき肉で作る「ドライカレー」が、読者のリクエストシリーズ2回目のメニューです。気軽に試せるように、材料の種類を絞り、煮込む時間もかけず、どこまで深みのある味わいを出せるかに挑戦しました。

 肉は牛と豚の合いびきです。合わせみそのように2種の肉が持ち味を出し合い、うまみを強めます。野菜は多めのタマネギを中心に、香りのあるものを細かく刻む。ひと手間ですが、ひき肉との一体感が出て、口当たりもやさしくなります。

 鍋を火にかけたら、材料を炒める、水分(日本酒)を加える、煮詰めるの3段階。水ではなく酒を使うのは、酒のうまみを生かしながら、アルコールの力で肉のくさみを飛ばすため。火を止めてから、一度鍋にふたをして冷ますことで、湯気が肉をしっとりさせます。

 もう一品、中国料理のじゃじゃ麺風に、冷や麦にカレーをのせました。トマトの酸味とキュウリの食感が、いいアクセントです。(編集委員・長沢美津子

ドライカレー

材料・3人前 料理監修:有馬邦明さん(パッソアパッソ)

□ 牛豚合いびき肉 200g

□ タマネギ 1個(200g)

□ ニンジン 1/2本(60g)

□ ニンニク、ショウガみじん切り 各小さじ1/2

□ オリーブ油 大さじ1

□ 日本酒 1/4カップ

□ 塩 小さじ1/2

□ 砂糖 小さじ1/2

□ カレー粉 小さじ2~3

□ 中濃ソース 小さじ1/2

□ ご飯 茶わん3杯分

【作り方】…

この記事は会員記事です。残り1109文字無料会員になると月5本までお読みいただけます。