トルコ大統領がナゴルノ・カラバフ訪問 親密さアピール

有料会員記事

モスクワ=石橋亮介、イスタンブール=高野裕介
[PR]

 トルコのエルドアン大統領は15日、アゼルバイジャンが昨年秋の軍事衝突でアルメニアから奪ったナゴルノ・カラバフを訪問した。アゼルバイジャンを支援したエルドアン氏は「ナゴルノ・カラバフは持ち主のもとに戻った」と強調。現地にトルコ総領事館を設置する考えも表明し、引き続き支援する姿勢を鮮明にした。

 エルドアン氏はアゼルバイジャンのアリエフ大統領と地域第2の都市シュシャを訪れ、経済や軍事など両国の包括的な関係強化を掲げた「シュシャ宣言」に署名。地元メディアなどによると、「地域でのトルコの存在感を高める」と主張した。

 ナゴルノ・カラバフはアゼル…

この記事は有料会員記事です。残り942文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら