関空での保護が最後の機会 ミャンマー選手、厳しい監視

有料会員記事ミャンマーはいま

宮崎亮、笠原真
[PR]

 サッカーワールドカップ(W杯)アジア2次予選のため日本に滞在していたミャンマー代表のピエリアンアウン選手(27)が16日夜、帰国便に乗る直前に関西空港で日本政府に保護を求めた。日本残留の試みは前日夜に始まったが、チーム側に阻まれ、空港が最後のチャンスだった。保護に至るまでには日本の支援者らの尽力があった。

 同選手の保護に動いたのは、大阪市で飲食店を営むミャンマー人のアウンミャッウィンさん(47)や日本在住の支援者ら。同選手が5月28日に千葉市であった日本戦の国歌斉唱の際、クーデターで権力を握った国軍への抵抗を示す「3本指」を掲げたことから「国に帰ると命が危ない」と考えたからだ。

 アウンミャッウィンさんらは、ひそかに同選手と連絡を取りつつ、日本にとどまる手助けの準備を進めた。

 当初は15日夜、最終戦のタ…

この記事は有料会員記事です。残り1044文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら