フランス、夜間外出禁止を解除へ 屋外マスク規制も緩和

新型コロナウイルス

パリ=疋田多揚
[PR]

 フランスのカステックス首相は16日、新型コロナ感染対策として昨年10月から課してきた夜間外出禁止令を20日に解除すると発表した。当初は今月末の解除を見込んでいたが、ワクチン接種が進み、「状況が期待を上回って改善している」として前倒しした。

 17日からは、混雑している場所をのぞき、屋外でのマスク着用も不要にする。

 国内の1日の新規感染者数は約3千人で、3月末の約6万人から減少を続けてきた。国民の半数近い3100万人が少なくとも1回の接種を受けており、15日からは接種できる年齢を6歳下げ、12歳以上に広げている。

 フランスは5月19日から飲食店のテラス営業のほか、美術館や映画館などの再開を認めている。その後も感染者数が下がり続けていることから、規制緩和に踏み切った。(パリ=疋田多揚)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]