妻子6人殺害、被告に死刑求刑 検察「責任能力あった」

有料会員記事

林瞬、西崎啓太朗、伊藤良渓
[PR]

 茨城県日立市のアパートで2017年10月、妻子6人を殺害したとして、殺人と非現住建造物等放火などの罪に問われた小松博文被告(36)の裁判員裁判が17日、水戸地裁(結城剛行裁判長)であった。検察側は「残虐極まりない方法で命を奪った」として、死刑を求刑した。判決は30日に言い渡される。

 公判では、刑事責任能力の有無が争点の一つになった。

 検察側は、精神科医の証言などから「事件当時に精神的な障害はなかったことは明らか」と責任能力はあったと主張した。動機について、妻の恵さん(当時33)に離婚を切り出され、「他の男にとられたくないという身勝手な理由で殺害した」などと指摘した。

 弁護側は、小松被告が事件直前、ほとんど眠れず食事も取れなかったと説明。うつ病や極度の緊張によって精神障害があり、責任能力が欠けていたとして、無罪か減刑が相当と訴えていた。

 小松被告は起訴後の18年11月に心不全などで一時心肺停止状態になった。公判で、小松被告は後遺症で記憶を失ったとして、事件について、一貫して「記憶がない」と繰り返した。

 起訴状によると、小松被告は…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。