五輪中止「極めて非現実的な主張」と批判 公明・山口氏

[PR]

 公明党山口那津男代表は17日、党の会合で東京五輪パラリンピックの中止を求めている一部の野党を念頭に、「中止を叫んでいた政党もあるが、極めて非現実的な主張であり、国民の不安をあおりかねない主張だ」と批判した。

 山口氏は「感染を防止して安心の開催を具体的にどうするかが問われている」とも述べ、「国民に説得力のある情報提供を(政府などに)強く迫って参りたい」と語った。

 五輪開催を巡っては、立憲民主党枝野幸男代表が「1年延期か中止かという選択をIOC(国際オリンピック委員会)との間で交渉すべきだ」と政府に求めたほか、共産党志位和夫委員長も「コロナ対策と両立しない。中止する決断を強く求める」と発言している。