できないことを少しずつ ひとり学ぶ、家事ロボ参上

有料会員記事

聞き手・岸善樹
[PR]

 皿洗いや床掃除は家電に任せられるようになって久しいですが、洗濯物たたみなど、子どものお手伝いレベルの家事は、機械にとって意外にハードルが高いらしい。それを自ら学んでいくロボットがいたら……? 「ソロでいこう」第7回は、人工知能(AI)で、できることを増やしていく家事ロボットを開発した、早稲田大学AIロボット研修所長の尾形哲也さんです。

リレーおぴにおん 「ソロでいこう」

 料理や掃除、洗濯……。1台のロボットが家事をすべてやってくれたらいいですね。AIを使ったそんなロボットを開発しています。

 無造作に置かれたタオルをたたんだり、牛乳をボウルに移すのにフライ返しでなく「おたま」を選んだりするロボットができました。「簡単じゃないか」と思うかもしれませんが、従来のようにプログラムを入れるのでなく、AIを備えたロボットが学習によって自ら判断するのが特徴です。

 牛乳なら、まずかき混ぜてみ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。