• アピタル

唾液で5分、コロナ検査法開発 AI使い迅速検査めざす

[PR]

 新型コロナウイルスの感染を、唾液(だえき)を使って約5分で判定する新しい検査法を、大阪大学などの研究グループが開発した。17日、英科学誌ネイチャーコミュニケーションズに発表した。ウイルスの識別に人工知能(AI)技術を使ったシステムで、他のウイルス検査にも応用できる。多くの人が集まる場所での迅速検査に向け、実用化をめざしている。

 グループは、ウイルス1個を識別して検知する方法を開発した。まず、半導体の微細加工技術で基板に直径300ナノメートル(ナノは10億分の1)の穴を空けた計測装置を作製。この穴に唾液を流し、唾液に含まれる様々な物質が、穴を通過する時に出る電気信号を測定した。

 新型コロナウイルスがある(陽性)場合、ない(陰性)場合、それぞれの信号をAIに学習させ、感染を識別できるようにした。

 その結果、ウイルスが含まれた50個の陽性サンプル、含まれない50の陰性サンプルで、陽性と判定できた率は90%、陰性と判定できた率は96%になった。今春の選抜高校野球の参加者175人で試験したところ、全員が陰性で、従来のPCR検査の結果と一致した。

 このシステムは、AIの学習…

この記事は有料会員記事です。残り198文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]