「ホテル脱出に失敗、最後にかけた」ミャンマー代表選手

ミャンマーはいま

笠原真、宮崎亮
【動画】関空での保護が最後の機会 ミャンマー選手、厳しい監視=宮崎亮撮影
[PR]

 サッカーワールドカップ(W杯)アジア2次予選の日本戦で、ミャンマーのクーデターに抗議する意思を示した代表選手、ピエリアンアウン選手(27)が17日、大阪市内で会見した。16日夜、母国への帰国便への搭乗を拒み、日本政府に保護を求めた行動から一夜明け、「多くの日本人に応援をもらった」と語り、「心配や不安はある。ミャンマーを助けてほしい」と呼びかけた。

 控えゴールキーパーだったピエリアンアウン選手は5月28日に千葉市であった日本戦で、国歌斉唱の際、クーデターで権力を握った国軍への抵抗の意思を示す「3本指」を掲げた。この行動について、試合後、朝日新聞の取材に「不安定なミャンマーの現状を世界に知ってもらいたかった」と話していた。

 会見には、同選手を支援する空野(そらの)佳弘弁護士(大阪弁護士会)や、「帰国すると命が危ない」と同選手の保護に動いた在日ミャンマー人のアウンミャッウィンさん(47)が同席した。

 ピエリアンアウン選手はチームを離れる計画について、「アウンミャッウィンさんと連絡を取り合い、ホテルから一緒に逃げようとしたが何回も失敗し、警備が厳しくなった」と振り返った。帰国予定日の16日も「いったんは逃げることができないと諦めたが、最後のチャンスだった(関西空港での)出国時にがんばった」と話した。出入国在留管理局に対し、英語で「私はミャンマーには帰りたくない」と伝えたという。

 ミャンマーをめぐっては出入国在留管理庁が5月28日、国内のミャンマー人がクーデターによる情勢不安を理由に日本にとどまることを希望する場合、在留や就労を認める緊急避難措置を始めている。

 空野弁護士によると、ピエリアンアウン選手は近く難民認定を申請する。(笠原真、宮崎亮