「予兆あれば五輪無観客推奨」 尾身氏ら18日にも会見

新型コロナウイルス

下司佳代子
[PR]

 政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長らは18日、東京五輪パラリンピックを開催した場合の新型コロナの感染リスクについての考え方を公表する。感染が広がる予兆があれば、無観客にすることなどを求める内容で最終調整に入った。政府と大会組織委員会に提出後、記者会見する予定だ。

 考え方は尾身氏ら分科会などの専門家有志としてまとめる。関係者によると、無観客での開催が最もリスクが低く、観客数が増えるほど対策の徹底が難しくなると指摘する。その上で、観客を入れるなら、▽イベント収容人数に関する政府の現在の基準よりも厳しくすること▽観客は開催地に限定して都道府県を越えた移動を抑えること――などを求める。感染拡大の予兆があれば、無観客にすることを推奨する。

 こうした内容をもとに、専門家の間で最終的な文言を詰める作業を進めている。尾身氏は国会などで「我々は五輪を開催するかどうかの判断はするべきでないし、資格もないし、するつもりはない」と繰り返しており、開催の是非には言及しない方針だ。(下司佳代子)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]