「漫画村」運営者、控訴せず 懲役3年などの実刑が確定

[PR]

 海賊版サイト「漫画村」の運営者とされ、著作権法違反(公衆送信権の侵害など)と組織犯罪処罰法違反(犯罪収益等隠匿)の罪に問われた住所不定、無職星野路実被告(29)に対する懲役3年、罰金1千万円、追徴金約6257万円の一審判決が17日に確定した。控訴期限の16日までに、検察側、被告側双方が控訴しなかった。

 「漫画村」は2016~18年に開設されていた海賊版サイト。人気漫画などの画像データを大量に無断掲載し、社会問題になった。星野被告は公判で無罪を主張したが、福岡地裁は2日に有罪判決を言い渡した。

 「漫画村」をめぐっては、共犯者3人も有罪判決が確定している。