• アピタル

接種券前倒し発行に殺到 都内 朝から300人も 

[PR]

 政府が設置した新型コロナウイルスワクチンの「自衛隊大規模接種センター」で、18~64歳の接種予約が始まったことを受け、これから住民に接種券を配る予定だった東京都内の自治体が相次いで、前倒しの接種券発行を始めた。17日は希望者が殺到し、受け付け開始直後に締め切るケースもあった。

 大規模接種センターの予約には、自治体発行の接種券が必要だ。台東区は、64歳以下の対象者への発送を25日から予定していたが、16日に保健所で希望者への発行を始めた。

 17日は午前9時の受け付け開始から300人を超す希望者が窓口に駆け付けた。待機室の定員を大幅に上回る人数だったため、45分で当日対応分を締め切り、整理券を配布した。保健所の担当者は「初日はそこまで多くなかったが、情報が広まり、一斉に来所してしまった」と話した。大規模接種センターの予約が埋まりつつある状況も踏まえ、18日以降の対応を検討中という。

発送前倒し、土日も対応の臨時窓口も

 目黒区も17日から総合庁舎…

この記事は有料会員記事です。残り327文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]