多数派なのになぜ恥ずかしい? 「包茎」言説の呪縛とは

有料会員記事

聞き手・杢田光
[PR]

 包茎は多数派なのに、なぜ恥ずかしい? そのナゾに迫った研究者がいます。

 男性の性の歴史を研究する東京経済大准教授の澁谷知美さん(48)。江戸時代から現代まで、青年誌や医学論文など膨大な資料を分析し、「日本の包茎 男の体の200年史」(筑摩書房)にまとめました。背景に横たわる男性間の支配関係の罪深さとは。

女性に 介護に 色んな理由をつけて・・・

 ――なぜ包茎を研究しようと思ったのですか。

 以前、童貞の語られ方を調査していたときに湧いた疑問が、研究の発端でした。仮性包茎(亀頭が包皮におおわれているが、手でむくことができるもの)は多数派で、清潔にしていればトラブルはほぼありません。なのにバカにされてきたのは、なぜだろうと。

 「包茎は恥」という価値観は、戦前からありました。たとえば広島の兵士を対象にした1899年発表の調査によると、亀頭が露出している「露茎」は少数派のはずなのに、不思議と多数派でした。兵士に聞くと、普段は皮をかぶっているのに、検査時にたくしあげていたんです。

 包茎を恥ずかしいと思う「土着の恥ずかしさ」が、1980年代ごろから「作られた恥ずかしさ」へと変容したとみています。青年誌や中高年雑誌に、美容外科医がお金を払って「タイアップ記事」を載せるようになったのが大きな変化です。

 これらの記事の多くには、「…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。