ボツワナで巨大ダイヤモンドの原石発見 世界で3番目か

佐藤達弥
[PR]

 アフリカ南部ボツワナのダイヤモンド会社デブスワナは16日、1098カラット(約220グラム)の巨大なダイヤモンドの原石が見つかったと発表した。世界で3番目に大きいとみられるという。AFP通信などが伝えた。

 同通信や英BBCによると、ダイヤは1日に見つかり、長さ73ミリ、幅52ミリ、厚さ27ミリ。ボツワナでは2015年、世界で2番目に大きなダイヤ(1109カラット)が発見され、5300万ドル(約58億円)で販売された。今回見つかったダイヤはこれとほぼ変わらない重量だ。

 これまで見つかった中で世界最大のダイヤモンドは、南アフリカで1905年に発見された3106カラット。ボツワナはアフリカ最大のダイヤモンド生産国として知られている。(佐藤達弥)