「最後のチャンス」職員に伝えた ミャンマーでは理解も

有料会員記事ミャンマーはいま

笠原真、宮崎亮 バンコク=福山亜希
[PR]

 サッカーのミャンマー代表選手として来日し、ワールドカップ(W杯)アジア2次予選に参加した後に関西空港で帰国を拒否したピエリアンアウンさん(27)を支援する弁護士は17日、近く難民認定申請を行う方針を示した。クーデターで権力を握った国軍による抑圧が続くミャンマーでは、今回の行動に理解を示す声が広がっている。

 空港で出入国在留管理庁入管庁)の職員に保護を求めてから一夜明けた17日午後、ピエリアンアウンさんは、空野佳弘弁護士ら支援者と大阪府庁で記者会見した。空野弁護士は難民申請について、「日数をあけずにできるだけ早く行いたい」と話した。

 ただ、入管庁は5月28日から、国内のミャンマー人がクーデターによる情勢不安を理由に日本にとどまることを希望する場合、在留や就労を認める緊急避難措置を始めている。空野弁護士は難民申請ではなく、当面はこの措置の許可を求める可能性にも言及した。

 ピエリアンアウンさんは、先…

この記事は有料会員記事です。残り1038文字有料会員になると続きをお読みいただけます。