首相、五輪有観客開催に意欲 「最大1万人」方針言及

有料会員記事

小野太郎、下司佳代子
[PR]

 菅義偉首相緊急事態宣言の解除を発表した17日の記者会見で、東京五輪パラリンピックについて、国内の観客を入れての開催に意欲を示した。東京などで「まん延防止等重点措置」が解除された場合、大規模イベントの観客制限を最大1万人とする政府方針に言及。「東京大会の人数上限はこうしたルールに基づいて決定される」と語った。

 首相は五輪で観客を入れることを前提に「常時マスクをして、大声の応援は禁止される。直行直帰も大事だ。大会組織委員会がガイドラインをつくると承知している」とも語った。東京大会について「世界が団結し、難局を乗り越えていくことを世界に発信したい」と、改めて意欲を示した。

 政府は専門家らの意見を踏まえ、週明けにも開く東京都、大会組織委員会、国際オリンピック委員会(IOC)などとの協議で観客のあり方を決めたい考え。

 政府は17日の対策本部で…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。