宣言解除後、9月に再び波? ワクチン接種のペースが鍵

新型コロナウイルス

嘉幡久敬
[PR]

 緊急事態宣言が20日までで解除された後、東京五輪パラリンピックを控えた都内の感染状況はどうなるのか。東京大の仲田泰祐准教授(経済学)らのチームが推計をまとめた。

 仲田さんらは、20日までで宣言を解除した後、経済活動を12週間かけて昨年2月のレベルに戻すものと仮定。変異株については、インドなどで確認されている感染力の強い「デルタ株」が7月末に4割、8月末には8割を占めるものとして計算した。

 全国でのワクチン接種が現状の1日75万回だと、1日あたりの新規感染者数は9月第3週に1606人で緊急事態の再宣言が必要なレベルになり、このときの重症患者数は600人を超える計算になった。一方、ワクチン接種が政府目標の1日100万回となった場合、感染拡大のピークは9月第5週で、1166人に抑えられるという。

 ワクチン接種のペースが上がると感染は抑えられるが、デルタ株の増加は感染を拡大させるため、今後は両者の競争になる。嘉幡久敬

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]