奴隷解放記念日、米国の新たな祝日に BLM運動が契機

ワシントン=合田禄
[PR]

 米国で黒人奴隷制度の廃止が告げられたことから「奴隷解放記念日」とされる6月19日について、バイデン米大統領は17日、連邦の祝日とする法案に署名した。米国で連邦の祝日が新たに設けられるのは38年ぶり。

 米国では、6月19日は英語の「ジューンナインティーンス」を省略して「ジューンティーンス」と呼ばれている。1863年にリンカーン大統領が奴隷解放宣言をした後、南部テキサス州で最後まで解放されていなかった奴隷の人たちにようやく制度廃止が告げられたのが1865年の6月19日だった。

 昨年、黒人男性のジョージ・フロイドさんが白人警官に首を圧迫されて死亡した事件を機に、「ブラック・ライブズ・マター」(BLM)運動が広がり、この日を連邦の祝日にするよう求める声が高まっていた。議会上院と下院はそれぞれ今月に法案を可決していた。

 バイデン氏は17日、「ジューンティーンスは記念日となるだけでなく、米国社会で公平な競争をもたらす取り組みを続けることを意味している」と語った後、法案に署名した。(ワシントン=合田禄)