将棋の棋聖戦第2局始まる 先手は藤井聡太棋聖

有料会員記事

佐藤圭司
[PR]

 将棋の藤井聡太棋聖(18)=王位と合わせ二冠=に渡辺明名人(37)=棋王・王将と合わせ三冠=が挑戦する第92期棋聖戦五番勝負(産経新聞社主催)の第2局が18日午前9時、兵庫県洲本市の「ホテルニューアワジ」で始まった。第2局の先手番は藤井棋聖。相懸(あいが)かりという戦型に進んでいる。持ち時間は各4時間。同日夜には決着する見込みだ。

 6月6日にあった第1局で勝利した藤井棋聖が第2局も制して、タイトル初防衛にあと1勝と迫るか。黒星スタートとなった渡辺名人が第2局では白星を挙げ、両者1勝1敗のタイに戻すか。シリーズの流れを左右する重要な一局になりそうだ。

 両対局者は17日、対局室を検分。主催紙記者のインタビューに応じた。第2局への意気込みを聞かれ、藤井棋聖は「(第2局も)自然体で臨めれば」「(第2局は)先手番ということで、一応、作戦を選べる立場ではあるので、自分らしさを出す展開になればとは思います」。渡辺名人は「1局目、あまり内容が良くなかったので、同じようなことにならないように、っていうところが一番ですかね」と、それぞれ話していた。

 また、対局が行われる淡路島

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。