科学や文明に貢献の「京都賞」、米・中・仏の3氏に

野中良祐
[PR]

 稲盛財団(金澤しのぶ理事長)は18日、科学や文明の発展に貢献した人に贈る第36回京都賞に、遺伝子をもとに生物を形づくるたんぱく質が合成される仕組みを解明した米ロックフェラー大のロバート・G・レーダー教授(79)ら3人を選んだと発表した。賞金は各1億円。

 基礎科学部門に選ばれたレーダー氏は、ウニを用いてDNAの情報を読み込むのに必要な酵素を発見し、現代の生命科学の基盤をつくったと評価された。

 先端技術部門には、コンピューター科学で暗号技術や並列処理の理論的な土台を構築した中国・清華大学学際情報学研究院長のアンドリュー・チーチー・ヤオ氏(74)、思想・芸術部門には、科学的な事実がどのように構築されるかを観察し、自然や人間が等しい存在として作用する「アクターネットワーク」理論を展開した仏パリ政治学院名誉教授のブリュノ・ラトゥール氏(73)が選ばれた。

 新型コロナウイルス感染症の影響で、稲盛財団は今回、通例では11月に開く授賞式を中止する。昨年は賞の選考自体がなかった。野中良祐