事前合宿は「村唯一のホテル」 海外の五輪選手迎える村

有料会員記事

増田洋一
[PR]

 東京五輪に出場するデンマークの五輪ボート選手団が20日に来日し、秋田県大潟村で大会までの約1カ月間、事前合宿をする。人口約3100人の小さな村が、村内唯一のホテルや練習場に感染対策を施して迎える。

 選手団の事前合宿は、群馬県太田市の豪ソフトボール選手団、19日夕に来日する予定のウガンダ選手団に続き全国で3番目とみられる。

 選手団は選手9人、コーチ3人、トレーナーと料理人各1人の計14人。2019年の世界選手権2位の男性選手らがいる。

 村によると、全員が新型コロナウイルスのワクチン接種を2回済ませており、村内唯一の宿泊施設である「ホテルサンルーラル大潟」に宿泊。人工の農業用排水路を利用した「大潟漕艇(そうてい)場」で練習する。ホテルと漕艇場の往復にはレンタカーを使う。必要な買い物は村職員が代行する。

 ホテルは感染対策を施して迎…

この記事は有料会員記事です。残り971文字有料会員になると続きをお読みいただけます。