名ドラマに名曲あり おちょやん聞き納め 19日総集編

有料会員記事

土井恵里奈
[PR]

 名ドラマに名曲あり。朝ドラ「おちょやん」の場合、それはのこぎりだった。「お~ま~え~は~あ~ほ~か~」だけとはちゃう哀愁の音色。総集編で聞き納めです。

6月19日に総集編

おちょやんの総集編はNHK総合で6月19日午後3時5分に前編、午後4時35分に後編。BS4Kでは7月3日午後2時と午後3時半。

たこ焼き理論の音楽

 手がけたのは、のこぎり奏者で作曲家のサキタハヂメ(49)。求められたのは、泣きと笑いのはっきり出る音楽だった。「外はカリッ、中はトロッのたこやき理論でした。すげえオーダーやと思いましたね」

 のこぎりは、弓でこすると天使ような音が出る。マレット(バチ)でたたくと急にあほな音になる。ボヨォ~ン。「天使からあほって、えらい音楽ですよ」。 ドラマのために作った曲は150ほど。チェロ、トランペット、トロンボーン、ピアノ、ビオラなどとのこぎりは共鳴し、えもいわれぬ旋律で喜劇の世界観を彩った。まさに影の立役者なのだ。

 その一つが、主人公の旅立ちの場面。父テルヲの借金から逃れようとする千代が、小舟から夜の街灯の映る川面を見つめ、「こないなどぶ川にも、花が咲くねんな」とつぶやく。そのときのこぎりは、ピアノ、チェロの音色と相まって、哀愁ある旋律を奏でた。

 一方、テルヲの登場シーンはポワーンとユーモラスに。ろくでなしおやじの“んなあほな”感じを際立たせた。

知らんけどサウンド

 こだわりはのこぎりだけではない。大阪独特のクセや派手なぶつかい合いを表現したい曲では、大阪のミュージシャンに演奏に加わってもらった。これまでの朝ドラは、大阪制作であっても音楽は東京に任せることが多かったといい、新たな試みだった。

 大阪らしい音を、サキタは「知らんけどサウンド」と呼ぶ。「大阪人は、あほなこと言うてからええこと言うたり、ええこと言うても最後に栓緩めたり」。音にもそれがあらわれるらしく、「特に管楽器奏者は、出身地によって音のイントネーションが違う気がする」。

いいシーンにあほな曲

 ドラマの場面と音楽を、あえてあべこべにすることにもこだわった。美しいシーンや涙を誘う局面で、「あほな曲を入れる」。千代の父テルヲが死ぬ場面も、「お父ちゃん、おおきに」というしっとりした曲を作りはした。でも、採用されたのは「Life(ライフ) is(イズ) Comedy(コメディー)!」というにぎやか系。対極にすることで、涙と笑顔の輪郭を際立たせた。

 泣き笑いの喜劇。それは、のこぎりを音楽活動の相棒にしたサキタの人生そのものでもある。なぜ、のこぎりで食べていくことにしたのか。

記事後半では、サキタさんがなぜのこぎり音楽を始めたのかを語ります。

■ちんどん屋の巡業で…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。