三菱地所、大名古屋ビルで職域接種 入居企業・店も対象

根本晃
[PR]

 三菱地所は18日、名古屋駅前に所有する大名古屋ビルヂング名古屋市中村区)で、新型コロナウイルスワクチンの合同職域接種を実施すると発表した。対象者は約6千人。中部地方の同社のグループ社員をはじめ、同ビルに入居する企業・店舗など約200事業所の従業員、警備・清掃などの運営スタッフなどが含まれるという。期間は7月上旬~9月上旬の予定。

 政府から配布されるモデルナ製のワクチンを使用する。発表によると、入居する企業の要望などを踏まえた対応で、同ビルに入居する医療機関と連携して実施する。担当者は「ビル内の集団免疫を高め、ビルの利用者にも安心安全な環境を提供したい」と話している。(根本晃)