五輪観客上限「方針決定後も柔軟な対応を」 専門家指摘

有料会員記事新型コロナウイルス

前田大輔
[PR]

 東京オリンピック(五輪)・パラリンピック新型コロナウイルス対策をめぐり、政府の対策分科会の尾身茂会長らが18日午前、大会組織委員会などに提言書を手渡した。組織委はその直後、専門家による円卓会議(座長=岡部信彦・川崎市健康安全研究所長)で議論し、「観客上限の方針を決めた後でも、感染状況に応じて変更できるよう、柔軟な対応が必要」との指摘が出たという。

 円卓会議の岡部座長は提言を出した有志の一人。会議後の記者会見で、「基準となる(感染者数などの)数値を出すべきだとの意見もあった。(方針変更を)どういった所で決めるのか、プロセスも含めて明確にする必要があるだろうと議論した」と述べた。

 組織委の中村英正・運営統括によると、出席者からは、観客方針を柔軟に考えることの必要性のほか、意思決定のプロセスについてて「政府、東京都、組織委が一体になった行動が求められる」などの指摘が出たという。

 提言は「観客がいる中で深夜…

この記事は有料会員記事です。残り354文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]