女性議員の8割が心理的暴力を経験 政界に根強い性差別

スパークニュース
[PR]

NPOのスパークニュース(パリ)の呼びかけで、世界13カ国の報道機関15社がジェンダー平等社会の実現に向けた特集「Towards Equality」を展開します。新型コロナウイルスの世界的流行で深刻化する、根強い男女差別や職場、家庭における「男らしさ」「女らしさ」という固定観念――。各国のジェンダー平等の最前線の取り組みに関する記事を世界で同時発信していきます。朝日新聞では紙面とともに、朝日新聞デジタルでも随時、記事を掲載します。今回はスパークニュースがまとめた、政治をめぐる世界のジェンダー格差の記事を掲載します。

 ジェンダー格差の是正を国際的な目標とした「北京宣言と行動綱領」の採択から26年。政治の意思決定における、女性の割合は依然として低いままだ。

 国連が2021年1月1日時点でまとめた、政治の代表の現状を見てみよう。

・女性が議席を占める割合の世界平均は両院合わせて25・5%。太平洋地域(20・9%)、中東・北アフリカ(17・8%)、アジア(20・4%)で特に格差が大きく、南北アメリカ(32・4%)と欧州(30・4%)では小さい。サハラ以南のアフリカは25%で世界平均とほぼ同程度。

・下院の女性議員数が男性より多い国は世界でルワンダとキューバの2カ国のみ。男女半々の国はアラブ首長国連邦の1カ国。

・上院の女性議員数が男性より多いのは豪州(51・3%)、アンティグア・バーブーダ(52・9%)、ボリビア(55・6%)の3カ国のみ。メキシコ(49・2%)はあとわずかだった。

・193カ国中、政府首脳が女性なのはバングラデシュ、バルバドス、デンマークエストニア、エチオピア、フィンランド、ガボン、ジョージア、ドイツ、アイスランド、ネパールニュージーランドノルウェーセルビアシンガポールスロバキア、トリニダード・トバゴなど。

・国連によると、119カ国はこれまで女性リーダーが誕生したことがない。現状のままでは、最高権力者のジェンダー平等はあと130年は達成されないとも強調している。

・閣僚のうち女性が占める割合が50%以上の国は13カ国のみ(ニカラグア、オーストリア、ベルギースウェーデンアルバニア、ルワンダ、コスタリカ、カナダ、アンドラ、フィンランドフランスギニアビサウスペイン)。世界的に見ても、女性大臣の多くは、家族・子ども問題や社会問題、環境、雇用、ジェンダー平等に関連する職務を担当する傾向にある。

・列国議会同盟(IPU)が16年に世界の5地域39カ国で行った調査によると、調査に参加した女性議員の82%が任期中に何らかの心理的暴力(性差別的または屈辱的な発言、ジェスチャー、画像、脅迫や集団によるいじめ)を経験したと報告している。

 しかし……

・英ケンブリッジ大学の調査によると、女性議員は教育や健康を支援する政策を主張する傾向が強く、DVやレイプ、セクハラに関する法律など、ジェンダー平等を推進する法案を可決・施行する傾向が強い。

・米外交問題評議会(CFR)によると、女性議員の割合が5%増加すれば国際的な危機に武力で対応する可能性が約5倍低くなる。国内では、女性議員の存在は内戦のリスクを低下させ、失踪や殺害、政治犯の収監、拷問など国家による人権侵害を少なくすることができる。

 「Towards Equality」に参加したメディアがある国々をみてみよう。

アフガニスタン(国連が分析した議会でのジェンダー平等ランキングで193カ国中71位):女性が下院の27%、上院の27・9%を占める。女性閣僚は6・5%(31人中2人)。

アルゼンチン(同18位):女性が下院の42・4%、上院の40・3%を占める。女性が議長を務めている。女性閣僚は18・2%(22人中4人)。

ブラジル(同142位):女性が下院の15・2%、上院の12・4%。女性閣僚は10・5%(19人中2人)。

フランス(同27位):下院の34・8%、上院の12・4%が女性。女性閣僚は50%(18人中9人)。

イタリア(同35位):女性が下院の35・7%、上院の34・4%。現在、議長に女性がおり、女性閣僚は36・4%(22人中8人)。

・日本(同166位):衆院議員の9・9%、参院議員の23%が女性。現在、参院議長は女性で、女性閣僚は10%(20人中2人)。

・ケニア(同105位):下院の21・6%、上院の12・4%が女性。女性閣僚は31・8%(23人中7人)。

・レバノン(同183位):国会(一院制)の4・7%が女性。女性閣僚は31・6%(19人中6人)。

・モロッコ(同114位):下院の20・5%、上院の11・7%が女性。女性閣僚は15・8%(19人中3人)。

南アフリカ(同12位):女性が下院の45・8%、上院の41・5%。現在、女性が議長。女性閣僚は48・3%(29人中14人)。

スペイン(同16位):女性が下院の44%、上院の40・8%。現在、女性が議長。女性閣僚は50%(22人中11人)。

スイス(同20位):下院の42%、上院の26・1%が女性。女性閣僚は42・9%(7人中3人)。

・英国(同39位):女性が下院の33・9%、上院の27・9%。女性閣僚は23・8%(21人中5人)。(スパークニュース)

Think Gender

Think Gender

男女格差が先進7カ国で最下位の日本。生きにくさを感じているのは、女性だけではありません。だれもが「ありのままの自分」で生きられる社会をめざして。ジェンダーについて、一緒に考えませんか。[記事一覧へ]