五輪特有のリスク「別格だ」 提言ににじむ政府への不満

有料会員記事

枝松佑樹、石塚広志、阿部彰芳
【ノーカット動画】尾身茂会長らの会見
[PR]

 新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長らが18日、東京五輪パラリンピックの開催に伴う提言をまとめた。提言には、五輪をきっかけに感染が拡大するリスクに懸念を示し、政府に対策を求めている。

 「リスクを評価することが我々の責任。その評価をどう採用するかは政府、主催者の責任だ」。18日夕、日本記者クラブで会見した尾身氏は役割の違いを強調し、今後の感染状況について強い懸念を示した。「五輪開催にかかわらず、日本はこれからも感染拡大して医療が逼迫(ひっぱく)するリスクを抱えている」

 提言の根幹は、9都道府県で緊急事態宣言が解除された後の、感染拡大と医療逼迫(ひっぱく)のリスク評価だ。

 まず、五輪がなくても、首都圏では7月にかけて感染が再拡大する可能性が高いとする。東京では新規感染者が下げ止まり、人出の数が増え続けているためだ。そこに夏休みの旅行、帰省、五輪が重なる。感染は全国に広がり、ワクチン接種が順調に進んだとしても8月下旬のパラリンピック開催時期には「重症患者数が増え、医療提供体制への負担が発生するリスクがある」とした。変異株の影響で、感染拡大のスピードが増す可能性も指摘する。

 これに加え、規模、注目度で…

この記事は有料会員記事です。残り1092文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら